天文部応援中!

「天文部通信」と課題

星宙掲示板

2013.9.25更新

10月は月を見よう!

 

月は観測がしやすくたんさくの見どころをもつ天体です。

色が暗い“海”、ひときわ明るく輝く“クレーター”、欠け際に影がついて見える“山脈”などきっとみなさんにお気に入りの地形があるはずです。

まずは望遠鏡や双眼鏡をつかって見上げてみましょう!

観測ポイント

 

◆ ビクセンのワンポイントアドバイス!

<倍率の目安>

・月の全体を見る時 : (50〜口径(mm)×1)倍くらい

・月の部分を見る時 : (100〜口径(mm)×2)倍くらい

・惑星を見る時 : (100〜口径(mm)×3)倍くらい

 

◆ 月齢ごとに見やすい月面の例

月齢5日目

晴れの海、静かの海、神酒の海

月齢10日目

5日目のものにプラスして、危難の海、雨の海、コペルニクス、雲の海、ティコが見えてきます。

月齢15日目

10日目にプラスして、氷の海、嵐の大洋、湿りの海など全体が見えます。

ティコやコペルニクスなどの光条の全体像も捉えられます。

月齢20日目

月齢5日で見えていた部分が影となり見やすくなります。

月齢25日目

虹の入江、ケプラー、シラーなどが影を作り、見やすくなります。

10月18(金)、19(土)日は国立天文台へ行こう!

三鷹 空と宇宙の日2013

19日(土)はビクセンスタッフも参加します!

アルマ望遠鏡で探る銀河と惑星のルーツ

 

日時 : 2013年10月18日(14:00〜19:00 入場18:00まで)、19日(10:00〜19:00 入場18:00まで)

場所 : 国立天文台 〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1

JR武蔵境駅、京王線調布駅からバスで15分程度

 

国立天文台の一般公開が行われます。研究者の方と最新の宇宙研究についてお話しできたり、特別展示、観望会等もございますので、ぜひご参加ください!

 

19日は三鷹第七中学校天文部による観望会を実施します!

気軽に観望会へ参加したり、他の天文部の活動に刺激を受けるチャンスです! げひ参加してみてください。

コメントを残す

ページの先頭へ戻る