天文部応援中!

WEB講座と課題

STEP 8
天体観望会の案内ツールを作ろう

2015.1.28更新

ツールの種類を決める

チラシ、ポスターなど、観望会の案内をする方法はいくつか考えられます。最も効果的な方法を選びましょう。

 

書く内容を整理する

まず日時や会場などの必要事項と、説明のためのコピーなど、掲載事項の優先順位を分けます。文字の大きさや色などを、優先順位に従って目立つようにします。

 

必要な項目

  • イベント名
    「○○高校 天体観望会」
    「○○高校天文部の星空教室」など
  • イベント内容の概要
    「土星を天体望遠鏡で観察」
    「惑星クイズ」
    「プラネタリウムで四季の星座解説」
    など、どのような事をするのか、具体的にわかるように
  • 日時
    受付開始、イベント開始、終了予定などの時刻も
  • 会場
    広い校内で迷わないように、教室名、受付場所なども
  • 参加対象
    「○年生とそのご家族」
    「必ず保護者同伴のこと」など
  • 申込締め切り日と申込方法
    申込用紙などで参加者名と人数が確認できるように
  • 持参してもらう物
    上履きなど
  • 主催者と問い合わせ先
    「○○高校天文部」
    電話番号
  • 悪天候の場合の対応
    「延期・中止の場合は当日○○時までに天文部応援中! のブログ(scopepeople.jp/○○○○2014)に掲載します」
    「悪天候の場合は○月○日に延期となります」など

 

そのほか、学外の人が見ても分かりやすい書き方を心がけて作りましょう。できれば他校の友人や家族に見てもらって、チェックしてもらうといいですね。

こちらは2013年度参加校の白鴎高等学校で作成された募集チラシ。
イベント内容欄に書かれている「天文部員が天体観察のお手伝いや冬の星座の解説をします」が、なかなか効果的です。

ページの先頭へ戻る