天文部応援中<生徒の部>お知らせ活動報告詳細

2012.3.28
オリジナルグッズ企画コンペ

オリジナルグッズ企画コンペ会場の様子

2012年3月28日、いよいよ約半年間におよんだ「天文部★応援中!」活動が形となる「天体観測を楽しむためのグッズ」発表日となりました。
会場となるのは、JR三鷹駅近くにある「三鷹ネットワーク大学」。
審査方法は、審査員と出席した生徒・教員からの投票形式で、各賞を決定します。
この日はプレゼンテーションのほか、参加校の交流する時間も設けられ、生徒達のにぎやかな声が会場にひびきました。

罫線

審査員

渡部潤一

渡部 潤一(特別審査員)
国立天文台天文情報センター
教授

小野智子

小野 智子(特別審査員)
国立天文台情報センター
専門研究職員


新妻和重

新妻 和重
株式会社ビクセン
代表取締役社長

都築泰久

都築 泰久
株式会社ビクセン
企画部部長

楠晴奈

楠 晴奈
株式会社リバネス
教育開発事業部部長


罫線

各校エントリー作品

晃華学園中学校高等学校プレゼンシーン1
晃華学園中学校高等学校プレゼンシーン2
晃華学園中学校高等学校プレゼンシーン3
楠晴奈

校内選考するほどのアイディア量はすばらしい。(楠)

都築泰久

キーホルダーはワークショップに向いたグッズ。(都築)

晃華学園中学校高等学校
星座早見うちわ

「星座早見うちわ」「星座が分かるレジャーシート」
星座をよく知らない人向けに開発。星空に「星座早見うちわ」を掲げると星座が見つけやすくなります。星座観測時に持って行く道具に、「星座情報」をプラス。

光る星座早見盤

「光る星座早見盤」
「夜間、早見盤を見るのがたいへん!」という実体験から生まれた光る星座早見盤。盤面を蓄光塗料で着色した星座早見盤と、盤面に穴をあけ電球を内蔵した星座早見盤の2種類あります。

星座カードゲーム

「星座カードゲーム」
全88星座をモチーフにしたカードゲーム。カードには、星座の神話と絵、星座が見える季節、星座が所属する星数が描かれています。ゲームルールはトランプの753にならった遊び方。

星座型キーホルダー

「星座型キーホルダー」
星座カードゲームの展開アイディアのひとつ。星座カードゲームとセットになっています。女子中高生がアクセサリー感覚でカバンにつけられるデザイン。


つくば秀英高等学校プレゼンシーン1
渡部潤一

天文部が裁縫したのが衝撃だった。良くできている。(渡部)

小野智子

実際の使い勝手は良さそう。(小野)

つくば秀英高等学校
惑星モデルストラップ〜地球〜

「惑星モデルストラップ ~地球~」
フェルトで作られた地球ストラップ。地球を開くと、マントルなどの内部構造の比率が、実際の惑星とほぼ同じに再現されています。店頭販売を想定としたパッケージと説明書も制作。

惑星モデルストラップ〜木星〜

「惑星モデルストラップ ~木星~」
フェルトで作られた木星ストラップ。こちらも開くと内部構造比がみられます。木星の衛星であるガリレオ衛星もっちゃんと再現。あたたかみのあるフェルトの手芸作品ということもあり、会場内の女子に好評でした。


大磯高等学校プレゼンシーン1
新妻和重、都築泰久

読み札を工夫するとおもしろくなりそう。(都築)
星座を覚えるグッズとしては良いアイディア。(新妻)

大磯高等学校
星座カルタ

「星座カルタ」
初心者が遊びながら、楽しく星座を学べるカルタ。カルタの要領で「読み札」と「取り札」に分けて遊びます。「取り札」に描かれているのは星とそれを結ぶ線のみ。今後は星座(カード枚数)の増加と、解説文の充実を目指すそうです。


成東高等学校プレゼンシーン1
都築泰久、渡辺潤一

赤シートで消すアイディアが高校生らしい。(楠)
星座を結ぶ白い線を工夫するともと良くなりそう。(都築)

成東高等学校
星座暗記カレンダー 星座暗記カレンダー

「星座暗記カレンダー」


二宮高等学校プレゼンシーン1
渡部潤一、小野智子

内容をしっかり調べていて、高校生とは思えないプレゼン。(渡部)
本の仕掛けにインパクトがあり、いろんな人を引きつける魅力があった。(小野)

二宮高等学校
星座暗記カレンダー

「仕掛け絵本“Zodiac”(ゾディアック)」
黄道12星座から名付けられた仕掛け絵本。神話、絵が飛び出す仕掛け、星座解説で構成されています。星座の入門書や教材として使ってもらいそう。星を見ようとする意識の向上を狙ったグッズ。


大和東高等学校プレゼンシーン1
都築泰久、渡部潤一

プレゼンにアニメーションを使った工夫が良かった。(渡部)
星座ごとの特徴がしっかり調べられている。(新妻)

大和東高等学校
12星座絵本

「12星座絵本」
初心者が天文を好きになることを目指した絵本。12星座をさまざまな角度から調べ、その星座を擬人化することで、親しみやすく、覚えやすい構成になっています。


罫線

総括

渡部潤一

特別審査員
渡部潤一

人前で発表することは今後、良い経験になります。みなさんの発表を聞いて、本当にいろんなアイディアが出てくると思いました。
クラブ活動でひとつのものを仕上げていくことはすごくいい経験だったのではないでしょうか。
チームワークは大事ですよね。チームで活動をおこなうと、それぞれの人が果たす役割がだんだんとみえてきます。リーダーになってみんなを引っ張っていく人、リーダーを支える人、アイディアを出す人、技術で支える人、それぞれが果たす役割をしっかり果たしていくと結果的に、いいものができることが実感できたと思います。
また、今日発表したグッズとプレゼンテーションが、今後の文化祭に向けての糧となってくると思います。なぜなら、モノだけではなく、やり方も学べたからです。とても良い経験をしたと思います。
そして、このような発表の場があるということは、本当にみなさんが幸せな時代に生きているということです。情報も得られ、発表できる場が与えられている。今は分からないかもしれませんが、将来きっと幸せだったと思うはずです。
今後もこのような活動を続け、星、宇宙に興味を持ち続けてください。そして、グッズや観望会などの活動を通じて多くの人に宇宙の面白さを伝えていっていただきたいです。

罫線

結果発表

二宮高等学校

優秀賞
二宮高等学校
「仕掛け絵本“Zodiac”」

つくば秀英高等学校

アイディア賞
つくば秀英高等学校
「惑星モデルストラップ」

大和東高等学校

プレゼンテーション賞
大和東高等学校
「12星座絵本」


ページの先頭へ戻る