天文部応援中!

活動報告

2013.10.3 第1回 学校訪問 白鴎高等学校

2013.10.3更新

131003_5228b

日頃から天体望遠鏡を使いこなしている白鴎高校では、主にメンテナンス、適した保管方法などを説明

第1回目の学校訪問は、ビクセンとリバネスのスタッフが各校を訪れ、天体望遠鏡などの機材について、簡単なメンテナンスを行ったり、扱い方の指導を行うことなどが主な目的です。

白鴎高校では天文部の活動も盛んで、天体望遠鏡もすでに使いこなせていたので、この日はメンテナンスや最適な保管方法などをレクチャー。
生徒からの質問も積極的に行われていました。
2月に行われる観望会の会場となる校舎の屋上もチェック。
視界をさえぎる建物の有無や、どの辺りに望遠鏡を設置すると良いかなどを検討しました。
プールサイドが会場になるので、安全に実施できるような配慮も必要であるという課題も浮上。


131003_5219b

来年1-2月に行う観望会に向けて、どのような準備が必要かといった話題を中心に

131003_5244b

機材保管質には、新旧様々な天体望遠鏡や双眼鏡。湿気やウェイトの扱いなど、機材に最適な環境、保管方法を説明


131003_5262b

観望会の会場となる校舎屋上へ。見渡せる方角や安全対策などを検討

131003_5268b

ビクセンの天体カレンダーを使って、観望会に見える天体を知る方法などを説明

第1回 学校訪問 (以下全校共通)

<目的>

  1. 学校の機材の特徴を知ってもらう
  2. 観測場所について理解してもらう
  3. 星座早見盤とカレンダーの使い方を知ってもらう

<チェックリスト>

◆ 事前チェック
□ 学校の使えそうな機材を揃える
□ 機材の名前と不備がないか調べる
□ 学校観測場所の地図をつくる
□ 学校の機材を使って、観測の準備をしておく

◆ 訪問当日
□ 事前課題の確認 → できていない場合行う
□ 機材や学校の観測場所を確認しながらどんな観望会ができるかアドバイスを行う
□ 生徒に保管〜観測までを行ってもらいアドバイスする
□ 晴天時は観測する
□ 機材の適切な保管方法のアドバイスを行う
□ 星座早見盤の使い方を教える
□ ビクセンカレンダーと惑星早見表の使い方を教える
□ 観望会に向けて対象と日程と見たい星を考えるきっかけを与える
(いくつか例を見せる

◆ 先生チェック
□ 顧問の先生へスキルアップの内容を説明
□ 観望会の対象として適切な学校があるか
□ 観望会の日程と対象について相談

ページの先頭へ戻る